ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

張本さん、本当は大谷が心配でたまらない 「ダブル喝」の裏で「ケガが心配なのよ」

4/15(日) 12:42配信

J-CASTニュース

 米大リーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が衝撃的な大活躍を続けているが、野球評論家の張本勲氏は賛辞の「あっぱれ」でなく、まさかの「喝」を入れた。それも2回だ。

 「アメリカの野球はレベルが落ちたねえ」。2018年4月15日放送「サンデーモーニング」(TBS系)の名物スポーツコーナー「週刊!御意見番」は、張本氏の溜め息で始まった。

■「始まったばっかりだから。10ゲームだから」

 大谷選手はここまで打者として打率.367、本塁打3本、11打点と絶好調だ。14日のカンザスシティー・ロイヤルズ戦は打順を1つ上げて7番・指名打者(DH)となり4打数2安打。投手としても9日のオークランド・アスレチックス戦で今季2度目の先発登板をすると、7回1安打無失点12奪三振、6回まで完全試合ペースの投球で2勝目(無敗)、防御率2.08とこれ以上ない滑り出しだ。

 だが張本氏は「サンデーモーニング」で、

  「アメリカの野球はレベルが落ちたねえ...だいぶ落ちましたね。まあ大谷、一生懸命頑張ってるけどね。しばらく頑張るでしょうね」

とそっけないコメント。

 この日ゲスト出演した元プロ野球選手の広澤克実氏は、大谷選手の活躍に「もちろん『あっぱれ』です」と褒め称えたが、張本氏は

  「まだまだこれからですから。始まったばっかりだから。10ゲームだからね」

と眉間にしわを寄せていた。

 そればかりか、苦言を呈す一幕もあった。12日のテキサス・レンジャーズ戦に打者として出場した大谷選手は1塁走者となるも、牽制球にタッチアウトの判定を取られた。ビデオ検証で一度はセーフへと覆ったが、その直後にまったく同じようにもう一度牽制球を送られ、今度は文句なしのタッチアウト。苦笑いしながらベンチへ引き上げた。

 すると張本氏は、VTR明けに開口一番「喝だ!」と声を荒らげ、

  「これだけ活躍してるんだからね、白けちゃうよ。野球は打つ・投げる・走る、だけじゃないからね。慣れないこともあるんでしょ。しょっちゅうランナーに出ているわけじゃないから。でもああいうミスしちゃダメ」

とまくし立てた。

1/2ページ

最終更新:4/15(日) 12:42
J-CASTニュース