ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ベッテルが上海GPでポール獲得、フェラーリ勢が12年ぶり2連続フロントロー独占

4/15(日) 9:16配信

AFP=時事

【AFP=時事】18F1第3戦中国GP(Chinese Grand Prix 2018)は14日、予選が行われ、フェラーリ(Ferrari)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)がトラックレコードをたたき出し、ポールポジションを獲得した。

【写真】PP獲得を喜ぶベッテル(その他全6枚)

 ベッテルは上海インターナショナルサーキット(Shanghai International Circuit)で1分31秒095を記録し、チームメートのキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)を抑え込んだ。フェラーリ勢の2戦連続フロントロー独占は、12年ぶりとなった。

 ベッテルは「マシンは本当に最高だ。良くなり続けてくれているからハッピーだ」としたものの、気温の上がらないコンディションの中、いくつかのコーナーで安定性を欠いたと明かしている。

 3番手にはメルセデスAMG(Mercedes AMG)のバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)、4番手には王者ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)が続いた。

 上海では通算5勝とどのドライバーよりも勝利を挙げているハミルトンはベッテルから0.5秒差以上をつけられたが、その理由に説明がつけられないと認めた。

「週末を良い形で始められたけれど、きょうはマシンが本来の姿ではなかった。スピードがなかった。あしたキミとセバスチャンを簡単には打ち負かせられないだろう。彼らはストレートでも最速だからオーバーテイクは難しくなる」

 ベッテルは開幕2連勝を飾って総合争いでハミルトンに17ポイント差をつけており、仮に上海でも勝利となればメルセデスAMGに対するさらなる疑念が引き起こされることになるかもしれない。

 レッドブル(Red Bull)のマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)とダニエル・リカルド(Daniel Ricciardo)が3列目に入り、以下ルノー(Renault)のニコ・ヒュルケンベルグ(Nico Hulkenberg)、フォースインディア(Force India)のセルヒオ・ペレス(Sergio Perez)、ルノーのカルロス・サインツ・ジュニア(Carlos Sainz Jr.)、ハース(Haas F1 Team)のロマン・グロージャン(Romain Grosjean)が続いた。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:4/15(日) 9:24
AFP=時事