ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

熊本地震から2年 南阿蘇村と西原村でも追悼式

4/15(日) 19:14配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震で甚大な被害を受けた南阿蘇村や西原村でも追悼式が営まれました。

南阿蘇村では、東海大学の学生や住民など関連死を含め30人が亡くなりました。
式には遺族や東海大学の関係者など、およそ300人が参列し、吉良清一村長が村の復興を改めて約束しました。
「犠牲になられた方々、被災された方々の思いを心に刻み、故郷南阿蘇村を必ず復興し、次の世代にしっかりと引き継いでいくことを、お誓い申し上げます」(南阿蘇村 吉良清一村長)
一方、関連死を含め8人が亡くなった西原村の追悼式にはおよそ160人が参列し、83歳の父親を亡くした大久保厚美さんが追悼の言葉を述べました。
「皆さま方からの厚いご支援に日々感謝しながら、私たちが元気に生活を送っていくことこそ御恩に報いることだと思います」(遺族代表 大久保厚美さん)
また、集落再生事業が進められている西原村の古閑地区でも2年の節目に住民が集まり、黙とうを捧げました。
「一人ひとり(集落再生)の熱い思いがあるから、これから先も若い人たちを中心に力強く生きて行こうかなと思う」(古閑地区の住民)

RKK熊本放送

最終更新:4/15(日) 19:14
RKK熊本放送