ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

米英仏首脳が攻撃「成功」確認=シリアでの化学兵器抑止一致

4/15(日) 7:29配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領、メイ英首相、フランスのマクロン大統領は14日、それぞれ電話会談を行い、3カ国が実施したシリア軍事作戦の「成功」を確認した。

 その上で「アサド政権がこれ以上、化学兵器を使わないよう抑止する必要がある」という認識で一致した。

 ホワイトハウスによると、トランプ氏はメイ氏に、シリアからの化学兵器除去への支援に謝意を伝達した。マクロン氏とは、シリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)復活を阻止するため、情勢安定化に向けた国際的な取り組みに改めて力を入れる必要性についても話し合った。 

最終更新:4/15(日) 7:34
時事通信