ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ボクシング比嘉大吾の試合は実施 15日の計量で規定体重をクリア

4/15(日) 8:54配信

琉球新報

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(22)=浦添市出身、宮古工業高出、白井・具志堅ジムが体重超過で王座剥奪となった問題で、15日に神奈川県の横浜アリーナで予定されていたクリストファー・ロサレス(ニカラグア)との試合は行われることが同日朝決まった。

 比嘉は15日午前8時、東京都内で当日計量に臨んだが、日本ボクシングコミッション(JBC)が定めた55・3キロの規定体重を、54・7キロでクリアした。

 比嘉は報道陣に向け、「世界王者であるにも関わらず、計量をオーバーしてしまって。ロサレス陣営に申し訳ないのと、オーバーしても試合をオッケーしてくれたことに感謝しています。ボクシングファンの皆様、試合を組んでくれたプロモーション側へ謝りたいです。すいません」と、頭を下げた。

 具志堅用高会長や野木丈司トレーナーも、ロサレス陣営に謝罪しながら、握手を交わした。
 比嘉は14日の前日計量でフライ級のリミットである50・8キロを上回る51・7キロで失敗した。WBCやJBC、比嘉と挑戦者の両陣営の協議により試合は開催される方針となったが、比嘉が当日計量で約55・3キロ以下となることが条件だった。

 計量は当初、非公開だったが透明性を高めるため、当日に公開となった。

 比嘉の戦績は15戦15勝(15KO)。挑戦者、ロサレスは29戦26勝(17KO)3敗。

 比嘉は王座を剥奪されており、勝っても王者にはなれない。だが、公式戦のためKOで勝てば日本新記録となる16戦連続KO勝利は記録される。

 日本ボクシングコミッション(JBC)は15日の試合後に、比嘉に対して長期出場停止を含めた厳罰を検討する方針を示している。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:4/15(日) 15:46
琉球新報