ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

焼け跡から2遺体 店舗兼住宅を全焼 浜松

4/15(日) 7:35配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 14日午後8時15分ごろ、浜松市東区中郡町、自転車修理販売業男性方から出火し、木造2階建ての店舗兼住宅約500平方メートルを全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかった。浜松東署は連絡が取れない男性と80代の母親の可能性があるとみて、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、1階と2階からそれぞれ遺体が見つかった。男性は60代で、母親と2人暮らし。母親は寝たきり状態だったという。近隣住民によると、1階部分が自転車店で、2階が住居らしい。

 近所に住む40代の公務員女性は「炎は建物の屋根より高く上がっていた」と振り返り、60代の無職男性は「母親は足が不自由でほとんど動けないのではないか。男性が介護しながら店を営んでいた」と心配そうに話した。

 現場は遠州鉄道西ケ崎駅から南に約200メートルの「二俣街道」沿いの住宅街。炎や煙が立ち込め周辺は一時騒然となった。

静岡新聞社