ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<戸田恵梨香>共演の大原櫻子を「いつも見ていたい人」と絶賛 W主演映画がクランクアップ

4/16(月) 8:00配信

まんたんウェブ

 女優の戸田恵梨香さんと大原櫻子さんがダブル主演する映画「あの日のオルガン」(平松恵美子監督、2019年2月公開)がクランクアップを迎えたことが16日、明らかになった。映画は第二次世界大戦下での保育士と子供たちの姿を描いた作品で、戸田さんは「重たいシーンが続いていたので、自分の精神状態が普段いないところにいました」と明かしつつ、「ただ、子供たちも含めみんなと心を通わせられていたと思うので、現場はとても居心地がよかったです」と撮影を振り返った。

【写真特集】追加キャストの写真も公開

 一方、大原さんは「一生懸命楽しむ、楽しませるということを心掛けていました。他の保母さんは子供たちを守るということを念頭に置いているかと思うのですが、(自身が演じた)光枝の場合は子供たちと楽しもうと意識しました。日常に笑顔を探していました」と前向きに取り組んだことを明かした。

 また、戸田さんは大原さんの印象について「なんて真っすぐな人なんだろうと思いました」と語り、「前を見ている姿が私にとって心の支えでしたし、いつも見ていたい人だなというふうに思いました」とコメント。大原さんは戸田さんについて「クールなイメージだったのですが、気さくで、かわいくて、会ったらもっと好きになりました」と語っている。

 映画は、第二次世界大戦末期、幼い園児たちと保母たちが集団で疎開した「疎開保育園」の実話に基づいた物語。警報が鳴っては防空壕(ごう)に避難する生活が続く1944(昭和19)年、東京都品川区の戸越保育所では、保育士の板倉楓(戸田さん)、野々宮光枝(大原さん)ら保育士たちが保育所の疎開を模索。幼い園児たちを手放す不安、迫りくる空襲から子供たちだけでも助けたいと意見の分かれる親たちを保育士たちが必死に説得する中、埼玉に受け入れ先の寺が見つかる。やがて、疎開生活を始めた若い保育士らと園児たちに、空襲の影が迫る……というストーリー。

 また、追加キャストとして橋爪功さん、松金よね子さん、萩原利久さん、お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹さん、夏川結衣さん、林家正蔵さん、陽月華さん、山中崇さん、田畑智子さんらが出演することも併せて発表された。

1/3ページ

最終更新:4/16(月) 8:00
まんたんウェブ