ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

熱気球、大空にふわり 体験イベント始まる 熱海

4/15(日) 8:22配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 熱海市の熱海サンビーチと周辺で14日、熱気球による遊覧体験などのイベントが始まった。今月スタートした大型観光誘客企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」のプレキャンペーンの一環で、市観光協会などが企画した。

 熱気球のゴンドラに乗り込んだ観光客は、約20メートルの高さから海岸沿いに立ち並ぶ宿泊施設や相模灘の眺望を楽しんだ。家族旅行で熱海を訪れたという女子児童(12)は「思ったより高くて楽しかった」と話した。

 熱気球のほか、車輪の付いたボードに乗って移動する「ミニセグウェイ」や、サンビーチの砂浜から海にこぎ出す「シーカヤック」「Eボート」の体験もにぎわった。

 今後は4月15、21、22日、5月12、13、26、27日、6月9、10、16、17日に開催予定。各体験とも料金は1500円。悪天候の場合は中止。

 問い合わせは市観光協会<電0557(85)2222>へ。

静岡新聞社