ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

石川遼は4日間の壁を越えられず惜敗も激戦に手応え「プロゴルファー冥利につきる」

4/15(日) 19:14配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<東建ホームメイトカップ 最終日◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

【連続写真】石川遼の気になる2018年最新スイング

先週の「岐阜オープン」で2打差から逆転優勝を決めた石川遼だったが、国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」では華麗な逆転優勝を果たすことはできなかった。

トップに立つ重永亜斗夢と4打差、トータル10アンダー・2位タイから出た最終日。石川の“魅せるゴルフ”がスタートからさく裂した。1番パー4のセカンドショットはグリーンをオーバーしてカート道へ。ライが悪くなることを懸念し、ドロップせずにそのまま打つことを選択。クリーンヒットしたアプローチはカラーで止まったが、ピンまで9メートルをねじ込んだ。グリーンは大歓声に包まれ、いきなりの離れ業にギャラリーの期待がグッと高まった。

続く2番では、6メートルを沈めてこの日最初のバーディを奪取。逆転優勝に向けて弾みをつけたかに思えたが、そこから勢いに乗れず。まだまだ不安というショットの不調が少しずつ顔を出し、4番パー5ではティショットが大きく左に曲がってカート道横の側溝へ落ち、2打目も左。パーセーブには成功したが、その後も巻き返せないまま折り返し、14番パー4では「右にミスした」と、ここでもティショットを失敗し、痛恨のボギーをたたいた。

この日はパッティングも思うように決まらず。第3ラウンドでは「ラインは読めているが、一筋右に行っている。ボールの回転を突き詰めなければ」と修正を試みたが、納得の結果を得られず、トップの重永と1打差で迎えた最終18番。「そんなに難しいロングパットではなかったが、狙ったところより右に出た」と、ここでもバーディパットを沈められずに優勝を逃した。

勝利は果たせなかったが、終盤になって課題としていたショットには大きな手ごたえをつかんだ。「スッキリした。16番のティショットから、17番の1打目と2打目、18番の1打目、2打目と、全部納得のいくスイングが出た」。重永と2打差で迎えた16番ではバーディを奪って渾身のガッツポーズを見せた。「終盤は納得のショットもあって、優勝争いの緊張感もあって、これ以上幸せなことはない。プロゴルファー冥利につきます」と激戦を振り返ったが、「中盤、9番、11番、14番ですかね。重永さんのほうが攻めていたと思う。そこでは負けたくなかったんですが、それが最後の1打差になった。気迫がぶつかりあう感じがもっとあれば。そこが負けてしまった部分ですね」と悔しさもにじませた。

1月の国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」では、第2ラウンドで首位に立つも、3日目にスコアを崩して陥落。ショットの調子が「4日間もたなかった」と漏らしていた石川。2日間競技の地区オープン2戦、計4日間で連勝を果たして壁を乗り越えたかに思えたが、まだ課題は残る。それでも「これが今の自分の100点の出来だと思います」と、悔しさと併せてスッキリした表情も見せた。優勝は逃したが、手ごたえはある。自身が求めるプレーに向けて、再び試行錯誤を重ねていく。(文・谷口愛純)

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>