ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

紙吹雪舞う記念セレモニーで東京ディズニーリゾートが35周年を迎える これまでの歩みとこれから

4/15(日) 12:20配信

ねとらぼ

 2018年4月15日、東京ディズニーランドの開園から35年がたちました。開園記念日の朝、ゲストにはサプライズという形で開園記念セレモニーが開催され、多くのゲストが驚きの表情で記念日を祝いました。

【画像】オープン当時のディズニーランド

 当日はあいにくの天候。しかし東京ディズニーリゾートにおいて、記念日がこのような空模様であることはもはや恒例。オープニングセレモニーではオリエンタルランド代表取締役会長兼CEOの加賀見俊夫氏、代表取締役社長兼COOの上西京一郎氏、ウォルト・ディズニー・パーク&リゾートプレジデント/マネージング・ディレクター アジアのマイケル・A・コールグレイザー氏、そして東京ディズニーリゾート・アンバサダー、福本望氏が登場し、35周年に向けた感謝、そして2019年にオープンの東京ディズニーシー新アトラクション、2020年に開業予定の「美女と野獣」エリアへの期待をコメントしていました。

 そして上西社長が「Happiest Celebration!」の開幕を宣言すると、セレモニーにはミッキーたちも登場。紙吹雪が舞うなか、1年近く開催される35周年イベントが幕を開けました。

●東京ディズニーリゾート35年の歩み

 今でこそ東京ディズニーリゾートは日本人にとって身近な存在ですが、実はその35年の歩みは、東京ディズニーリゾートにとっても米ディズニーにとっても初めてづくし。35周年にあわせ、歴史を語るさまざまな記録写真も公開されました。こちらを見ると、時とともに東京ディズニーリゾートが“成長”していることが視覚的にも見えるのではないでしょうか。

 「東京ディズニーランド」はアメリカ国外では初めてのディズニーテーマパークで、1979年4月30日に米ディズニーとオリエンタルランドとの間で結ばれた「東京ディズニーランドの建設および運営に関する契約」が結ばれるまでは多くのドラマがあったと聞いています。契約締結の場面を写した写真は歴史的な1枚といえるでしょう。

 そして35年前の今日、東京ディズニーランドはオープンします。1981年1月に建設工事がスタート、総事業費は約1800億円のプロジェクトは、1983年4月15日、あいにくの天気の中で9時にオープンしました。オープニングセレモニーはワールドバザールで行われ、ミッキーたちもやってきてテープカットを行いました。

 開園当時の空撮を見ていると、実はいまでこそ当たり前の施設がないことが分かります。実は当時はスプラッシュ・マウンテン(1992年オープン)もないですし、スター・ツアーズ(1989年オープン)もトゥーンタウン(1996年オープン)も、ましてやビッグサンダー・マウンテン(1987年オープン)もないんです。それどころか、JR京葉線の舞浜駅も存在しない(1988年12月1日オープン)ことに、多くの人が驚くのではないでしょうか。

●いくつ知ってる? 歴代デイパレード

 35周年とともに、東京ディズニーランドでは新たなパレード「ドリーミング・アップ!」がスタートしました。さて、このパレード以前のレギュラーパレードをいくつ覚えているでしょうか。過去のパレードにフォーカスしてみましょう。

 まずは東京ディズニーランド最初のパレード「東京ディズニーランド・パレード」。このパレードは開園当初から行われていたもの。これを覚えているという人はかなりのファンでしょう。

 次に開催されたのは、東京ディズニーランド5周年を記念してスタートした「ディズニー・クラシックス・オン・パレード」。私も写真でしか記憶にありません。

 その次に短い期間だけ開催されたのは、「ディズニー・パーティグラ・パレード」。アメリカのパークで開催されていたパレードと同内容のもので、高さ12メートルのミッキーたちのバルーンが特徴でした。

 10周年になると、「ディズニー・ファンタジー・オン・パレード」が開催されました。ダンボのサーカスをイメージしたフロートが記憶に残っています。

 15周年のテーマはカーニバル。1998年にスタートした「ディズニー・カーニバル」では和をイメージしたフロートもあり、大変印象的なパレードでした。

 2000年にはウォルト・ディズニー生誕100周年を記念した、「ディズニー・オン・パレード/100イヤーズ・オブ・マジック」がスタートします。このころから「覚えている!」という読者も増えるのではないでしょうか。

 20周年を記念した「ディズニー・ドリームス・オン・パレード」は、東京ディズニーランドの各テーマランドをイメージしたフロートが特徴でした。

 そして2006年3月にスタートしたのは、全パレードをリニューアルした「ディズニー・ドリームス・オン・パレード“ムービン・オン”」。ミッキーの勇姿を覚えていますでしょうか。

 25周年とともにスタートしたのは、祝祭を意味する「ジュビレーション!」。これも大変印象的なパレードでした。実はこのジュビレーション!で利用されていたフロートは、世界各地のディズニーテーマパークのパレードで再度活躍していたりします。

 そして、先日終了したのが、30周年を記念してスタートした「ハピネス・イズ・ヒア」。ハピネスはいろんなところにありました。

 そして、2018年4月、東京ディズニーランドに新たなパレード「ドリーミング・アップ!」が登場しました。細かな部分にもしっかり意図を持って設計しているそうで、ぜひ皆さんにもパレードが示すものを「想像」してみてください。いろんな発見があるはずですよ!

●東京ディズニーリゾート35周年、そして未来へ

 そして東京ディズニーリゾートは、2020年に向けて大きな進化を遂げようとしているところです。以前もレポートした、東京ディズニーランド大規模開発が現在も進行しています。

 この大規模開発では、ファンタジーランド近辺のエリアが大きく変化し、新たに「美女と野獣」のエリア、ベイマックスをテーマにしたアトラクションやショップ、そしてミニーと出会える施設などが登場する予定です。ちなみに2018年4月15日開催された囲み取材において、オリエンタルランドの執行役員、宮内良一氏は2020年以降の拡張計画についてまだ発表できることはないとしつつ、(先日「空」のパークが新設されるとの報道があったことに関し)「“空”をテーマにしたということでは考えておりません」とコメントしました。

 東京ディズニーランドの大規模開発が完成する前に、東京ディズニーシーでは新たなアトラクションも登場します。これは海外では「ソアリン」として運営され、今も大人気で行列の絶えないアトラクション。浮遊感と没入感がたまらない内容で、東京ディズニーシー独自要素も入るとのこと。オープンは2019年の予定です。

 東京ディズニーリゾート35周年「Happiest Celebration!」は始まったばかり。これから1年間、ここでは祝祭の日々が繰り広げられます。花吹雪舞うメインストリートや大好きなチョコクランチを体験する計画を立ててみてはいかがでしょうか。

最終更新:4/15(日) 12:35
ねとらぼ