ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日本ハム・有原、初登板1勝で完全復活!魂の8回100球1失点

4/15(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、オリックス1-2日本ハム、1回戦、日本ハム1勝、14日、ほっと神戸)日本ハムは14日、オリックス1回戦(ほっと神戸)に2-1で勝ち、連敗を2で止めた。右肩の炎症で出遅れていた有原航平投手(25)が今季初先発で8回、100球を投げ、3安打1失点の好投。自己最多タイの9三振を奪い、今季初勝利を挙げた。

 試合が進むにつれて雨が強まった神戸で、日本ハムのエースがマウンドに戻ってきた。右肩の炎症で出遅れていた有原が、8回3安打1失点で今季初勝利。普段のクールな表情から一転、思わず笑みがこぼれた。

 「チームに迷惑をかけていた。多少緊張しました。自分の開幕だったので勝ちたい気持ちもあったけど、その気持ちをコントロールできました」

 140キロ台後半の直球とフォークボールで、積み上げた三振は自己最多タイの「9」。2-0の八回にマレーロにソロ本塁打を浴びたが、追加点は許さず。テンポのいい投球で、復帰戦の白星を無四球で飾った。

 最近3年間で29勝を挙げている右腕。2年連続2度目の開幕投手を任される予定が、2月の春季キャンプ中に右肩痛を発症した。「残念。最初から1軍にいたかった」と、悔しさを押し殺して早期復帰を目指してきた。3月下旬の休日には、右腕の故障でリハビリ中の鍵谷と、日帰りの“弾丸”で兵庫・淡路島へ。疲労回復に効果があるとされる酵素風呂に入り、患部をいたわった。

 ともに投手陣の軸を担ってきた大谷が米大リーグ、エンゼルスに移籍。誰よりも有原の復活を待ち望んでいた栗山監督は「チームが勢いづくと思うし、前に進む。信頼度が高いから、安心して任せられる」と喜んだ。2016年以来、2年ぶりのリーグ優勝へ。有原航平は、欠かせない。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 14:15