ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ヤクルト・石川、粘って2勝!4安打5K斬りで5回2/3を0封

4/15(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神0-6ヤクルト、2回戦、ヤクルト2勝、14日、甲子園)ヤクルト・石川雅規投手(38)が先発で六回途中まで4安打無失点、5三振を奪って2勝目を挙げた。雨でマウンドがぬかるむ中でも、100キロ台の変化球を織り交ぜて阪神打線を封じ、「両サイドを意識して投げた。中村がいいリードをしてくれて、野手も先に点を取ってくれた。ナイスゲーム」と、満足そうな表情を浮かべた。

 前回登板した7日の巨人戦(神宮)では、一回に4点の援護をもらいながら、7失点で3回KO。「同じ失敗を繰り返さないようにと思って投げた」。114球を要したが、踏ん張った。

 田畑投手コーチは「投げているボールは良くなかったけど、悪いなりの投球をしてくれた。同じ球種でも球速を少し変えていた」と、通算158勝目を刻んだプロ17年目の投球術を評価した。