ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

十二段舞楽、児童ら奉納 地域安泰へ祈り込め 森町・小国神社

4/15(日) 8:16配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 森町一宮の小国神社に伝わる国指定重要無形民俗文化財の「古式十二段舞楽」が14日、同神社で奉納された。練習を重ねた児童や保存会員が舞を披露し、地域の安泰などへ祈りを込めた。

 12種類の舞で構成する舞楽を町内の児童8人と保存会員が演じた。保存会員は白色の面と紫色のはかまをまとった2人が緩やかに舞う「色香」などを奉納。児童が担当するのは冠をかぶった2人による「連舞(えんぶ)」や鳥が飛び遊ぶ様子を表現した「鳥の舞」など6段で、4月上旬から1週間ほどの合宿で培った演舞を執り行った。

 舞楽は15日も午前10時50分から午後8時半ごろまで行う予定。

 小国神社によると、同神社の十二段舞楽は701年に都からの勅使が同神社に12段の舞を奉納したことに由来すると伝えられている。同様に国の重要無形民俗文化財に指定されている天宮神社(同町)の十二段舞楽とは対を成す。

静岡新聞社