ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ELでの酒井宏樹劇的弾に、興奮収まらぬマルセイユの面々「彼は最高。叩きまくったよ!」

4/15(日) 17:20配信

GOAL

マルセイユの選手たちは、未だ酒井宏樹のゴールに興奮が収まらないようだ。

12日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグで、ライプツィヒと対戦したマルセイユ。敵地での一戦を0-1と落としており、この試合でも2分に失点するなど苦しい状況が続いた。その後前半のうちに3点を奪い逆転するも、後半開始10分で再び失点。アウェイゴール差でリードを奪われる。

【動画】酒井の劇的弾にチームメイトが大興奮!ロッカールームで“手荒い”お祝い

それでも、60分にMFディミトリ・パイェのゴールで逆転する。そして迎えた後半アディショナルタイム、相手CKを弾き返すとカウンターを発動。ボールを受けた酒井宏樹は、ハーフウェイライン付近からGKのいない無人のゴールに蹴り込んだ。

選手たちはベンチを飛び出し一斉に酒井のもとへ。本拠地「スタッド・ヴェロドローム」の観客も熱狂に包まれ、マルセイユが2試合合計スコア5-3で準決勝進出を決めた。

この日本代表DFのゴールに、選手たちは興奮が収まらないようだ。フランス『Madein FOOT』は、MFマキシム・ロペスのコメントを伝えた。

「5点目のゴールの時、ようやく終わったと思ったよ。ヒロキがネットを揺らした時、涙がこみ上げてきた。泣きたかったよ。すべての感情が爆発しそうだったんだ。ヒロキにとっても最高のバースデープレゼントとなったし、ロッカールームでもう一回彼を祝ったんだ」

そして、MFモルガン・サンソンも『10 sport』で酒井を絶賛している。

「試合も、雰囲気も素晴らしかった。こんな雰囲気を見たのは初めてだった。魔法のようだったよ」

「もう一回ゴールを見た後、彼を叩きまくったよ!彼は最高のヤツだ。僕にとっては最高の試合の1つだったね。だけど、もっとよく出来るはずだ」

準決勝では、南野拓実が所属するザルツブルクと対戦することになったマルセイユ。リーグ・アンでも4位と好位置につけるチームで、酒井は重要なポジションを確立しているようだ。

GOAL

最終更新:4/15(日) 17:23
GOAL