ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

龍山の自然体験を キャンプ場営業開始 浜松・天竜区

4/15(日) 8:18配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市天竜区龍山町大嶺のキャンプ場「龍山秘密村」は14日、今年の営業を開始した。自然豊かなキャンプ場の“村開き”を、地域住民や常連客らが祝った。

 集まった約40人は、秘密村のシンボルの山桜の下で餅つきを行った。ヨモギ入りのつきたての餅であんこを包み、桜の花びらが舞うのどかな風景を眺めながら味わった。

 秘密村は旧龍山青少年旅行村の施設を利活用し、昨年4月にオープンした。キャンプ講座や季節の行事が盛況で、キャンプシーズンの7、8月には、延べ約3千人が訪れた。

 運営は、地元NPO法人「ほっと龍山」のメンバーで村長役の川道光司さん(40)と秘書役の堀田侑子さん(34)が担当。共に環境教育経験を生かし、子どもたちに自然や命の大切さを伝える体験型プログラム「こどもひみつむら」などのイベントを開く。

 川道さんは「イベントの反響が大きく、求められている実感がある」と話し、堀田さんも「常連客が増え、お客さん同士の交流の輪も広がっている」と笑顔を見せた。

 施設利用やイベントの参加は、ホームページから予約する。

静岡新聞社