ここから本文です

新潟の女になったNGT48北原里英が10年のアイドル活動締めくくる、指原や横山も登場

4/15(日) 13:24配信

音楽ナタリー

昨日4月14日に新潟・朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターにて、NGT48のキャプテン・北原里英の卒業コンサート「北原里英卒業コンサート~夢の1115日 新潟の女になりました!~」が開催された。

【写真】左から柏木由紀、北原里英、荻野由佳。(他64枚)

NGT48は4月13日の「NGT48 単独コンサート~朱鷺は来た!新潟から全国へ!~」に引き続き、2日連続で朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターでの単独コンサートを実施。今回のライブタイトルに含まれている「1115日」は北原がAKB48からNGT48へ完全移籍することが発表された2015年3月26日から昨日までの日数で、本公演のセットリストやユニット曲のメンバーは彼女によって考案された。

NGT48に移籍してからの約3年間の活動を振り返る映像を経て、ライブは北原がAKB48で初めて選抜メンバー入りを果たしたシングル曲「大声ダイヤモンド」でスタート。次にNGT48は北原の「今日は10年のアイドル人生の中で最高の1日にしたいと思います!」という宣言から「言い訳Maybe」や「フライングゲット」といったAKB48のナンバーを届け、序盤から会場を盛り上げていった。最初のMCでは北原が「昨日までは卒業の実感がなくて。昨日の単独コンサートでまだまだ元気にやれて、これからもこの子たちと一緒にやっていくような気がした」と語り、すでに泣きそうな顔をしている山田野絵はほかメンバーからいじられて「でも、やめないでとも言いたくない!」と胸の内を叫んだ。

13日のコンサートで発表された研究生メンバーの昇格やグループの組閣についての話題を挟み、ライブは2008年にデビューした北原のAKB48時代の活動を振り返るブロックへ。北原はAKB48の劇場公演でのユニット曲「パジャマドライブ」を荻野由佳、本間日陽と共に、「ツンデレ!」を日下部愛菜、清司麗菜によるアクロバットを交えながら歌唱して観客を魅了する。さらに「愛のストリッパー」で西村菜那子とセクシーなポーズを決め、大島優子、指原莉乃、横山由依との4人組ユニット・Not yetのナンバー「西瓜BABY」を今回のために新しく制作された衣装を着て太野彩香、村雲颯香、山田とパフォーマンス。このほかに北原は、兼任メンバーとして活動していたSKE48の楽曲「強がり時計」などをNGT48メンバーと熱演した。

ライブ中盤にはAKB48グループのメンバーが次々に登場し、観客を沸かせていく。まずは大家志津香、宮崎美穂が北原と共に3人組ガールズバンドという設定のユニット・kissの天ぷらとして「僕たちの地球」を披露。2人はベースを持って歌った北原について「歌がうまくなった。あと、ベース弾くマネもうまくなった」とコメントして観客の笑いを誘った。続く「夕陽を見ているか?」では「朱鷺メッセでNGT48のライブがしたいという夢を叶えて、本当におめでとうございます」と語りながら登場したAKB48グループの総監督の横山由依をはじめ、峯岸みなみ、向井地美音、高橋朱里、小嶋真子、中西智代梨、TPE48の阿部マリアといったメンバーが北原と一緒に歌唱。「禁じられた2人」ではHKT48の指原莉乃がトロッコに乗って北原とデュエットを披露し、会場は大きな歓声で包まれた。

続けて北原とセンターステージで「ヘビーローテーション」を届けたAKB48グループのゲストたちは、この日限りのユニット“里英ちゃんず”として彼女との思い出話をトーク。横山が「北原さんからは貸したDVDプレイヤーを6年以上返してもらってません。自分でシールを貼っちゃってました」と暴露して観客を笑わせたあと、NGT48は浴衣の衣装で「恋のお縄」「絶滅黒髪少女」をパフォーマンスしてから、制服衣装で「遠距離ポスター」「Choose me!」などを披露して会場の熱気を高めていった。その後彼女たちは大家、宮崎、峯岸、指原からなる“お局様4”とNGT48のドラフト研究生によるMCを挟んで、「世界はどこまで青空なのか?」「春はどこから来るのか?」といったNGT48のシングル曲を披露。北原の「10年間で本当に一番楽しいライブになったと思います」という言葉から、NGT48のメジャーデビュー曲「青春時計」を歌ってライブ本編を締めくくった。

アンコールではNGT48メンバーによるメッセージがスクリーンに上映されたあと、北原が赤いドレスを着てステージに登場。「春はどこから来るのか?」Type-Aに収録されている自身初のソロ曲である卒業ソング「私のために」を歌唱し、間奏では「決して楽しいことばかりではなかった10年間、私を救ってくれたのは新潟県です。新潟に来て大切なメンバーと出会えて、信頼できるスタッフさんにも出会えて私は変わりました。こんなふうに卒業できることが今でも夢みたいです」と涙ながらに挨拶を述べた。そしてNGT48メンバーと共に「草原の奇跡」を歌い、「新潟の皆さん、私を受け入れてくださってありがとうございます」と感謝の気持ちを語った北原が卒業コンサートのラストナンバーに選んだのは、NGT48初のオリジナル曲「Maxとき315号」。NGT48メンバーや指原らゲストメンバーは涙を流しながら北原と抱き合い、それぞれ別れを惜しんだ。曲の終わりには北原がトロッコに乗り込み、会場のすぐ近くを流れる信濃川へ。2015年8月に行われたNGT48のお披露目イベントで登場した船に乗って旅立っていった。コンサートの最後には彼女を除くNGT48メンバーによってこの日2回目の「春はどこから来るのか?」が届けられ、荻野は「これからもNGT48の応援を、そして新たな夢に向かって進む里英さんの応援をよろしくお願いします!」とファンに呼びかけた。

終演後にはマスコミ向けの囲み取材が行われ、北原に代わってチームNIIIの新キャプテンを務める加藤美南は「このコンサートを通してNGT48がどれだけ愛されているかを自覚し合ったと言うか、メンバー間の絆が深まりました。里英さんがいなくなってもこの気持ちを保ちながらその上にいかなきゃいけないので、頼りないキャプテンながらも一生懸命がんばりたいと思います」と意気込みをコメント。13日のコンサートで正規メンバーへの昇格が発表された研究生の奈良未遥は、今後チームNIIIとチームGの2チーム体制になって活動していくNGT48について「仲間でもありライバルである研究生メンバーと、切磋琢磨しながら新しいチームでも個性を潰さないようにがんばっていきます」と語った。

北原は2015年のNGT48への移籍を「AKB48グループとして10年間やってきた中で最大のターニングポイントだったと思います。新潟に移籍することになったときに、新潟出身でもない私のことを本当に温かく受け入れてくださって、今では第2の故郷だと思っています」と振り返り、2日間の朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターでのコンサートの感想を「朱鷺メッセという会場はNGT48にとって背伸びだったかなと思ったりもしたんですけど、たくさんの方が観に来てくださってNGT48の勢いを感じましたし、みんなと歩んできた3年間があったからこうやって卒業できるんだなと思いました」「本当に楽しかったです」と述べた。

また彼女はドレスについて「色をNGTカラーにしたくて。横のバラがすごくかわいくて気に入ってます。あと衣装さんの配慮で、メンバーがみんな抱きつきに来るだろうなと思って前から抱きつきやすいようになってるんです」と話し、コンサートラスト2曲の選曲を「『Maxとき315号』はNGT48にとってすごく大事な曲なので、この歌に乗せて去りたいなと思いました。『草原の奇跡』はAKB48にいた7年間も大切に思っているので、AKB48にいたことをしっかり証明したくて」と説明。加藤には「新潟出身で人一倍新潟に対する愛が強い子なので、これからもずっと新潟を大事にしていってくれるだろうなと思いますし、自分が卒業することでNGT48ががらっと変わったらいいなと思っています」と期待を寄せた。

なお北原の新潟・NGT48劇場での卒業公演は4月18日に行われる。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

NGT48「北原里英卒業コンサート~夢の1115日 新潟の女になりました!~」
2018年4月14日 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター セットリスト
00. overture
01. 大声ダイヤモンド
02. 言い訳Maybe
03. みどりと森の運動公園
04. フライングゲット
05. パジャマドライブ / 北原里英、荻野由佳、本間日陽
06. ツンデレ! / 北原里英、日下部愛菜、清司麗菜
07. 愛のストリッパー / 北原里英、柏木由紀、加藤美南、菅原りこ、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、山口真帆、西潟茉莉奈
08. 彼女になれますか? / 北原里英、荻野由佳、小熊倫実、佐藤杏樹、高倉萌香、本間日陽、角ゆりあ、高橋真生、中村歩加、奈良未遥
09. 西瓜BABY / 北原里英、太野彩香、村雲颯香、山田野絵
10. 強がり時計 / 北原里英、荻野由佳、村雲颯香、加藤美南、佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、山口真帆、角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、高橋真生、中村歩加、奈良未遥、西村菜那子
11. RESET / 北原里英、荻野由佳、村雲颯香、加藤美南、佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、山口真帆、角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、高橋真生、中村歩加、奈良未遥、西村菜那子
12. Maxとき315号
13. 僕たちの地球 / 北原里英、大家志津香、宮崎美穂
14. 夕陽を見ているか? / 北原里英、横山由依、峯岸みなみ、向井地美音、高橋朱里、小嶋真子、中西智代梨、阿部マリア
15. 禁じられた2人 / 北原里英、指原莉乃
16. ヘビーローテーション / 北原里英、指原莉乃、大家志津香、宮崎美穂、横山由依、峯岸みなみ、向井地美音、高橋朱里、小嶋真子、中西智代梨、阿部マリア
17. 恋のお縄
18. 絶滅黒髪少女 / 北原里英、高倉萌香、本間日陽、村雲颯香、山田野絵、日下部愛菜、高橋真生、奈良未遥、西村菜那子
19. ハート型ウイルス / 北原里英、加藤美南、中井りか
20. 遠距離ポスター / 小熊倫実、柏木由紀、佐藤杏樹、菅原りこ、長谷川玲奈、角ゆりあ、中村歩加
21. Choose me! / 北原里英、高倉萌香、西潟茉莉奈、山口真帆、高橋真生、奈良未遥、西村菜那子
22. Dear my teacher
23. 世界はどこまで青空なのか?
24. 春はどこから来るのか?
25. 青春時計
<アンコール>
26. 私のために / 北原里英
27. 草原の奇跡
28. Maxとき315号
29. 春はどこから来るのか?

NGT48劇場 北原里英卒業公演
2018年4月18日(水)新潟県 NGT48劇場

※高橋真生の「高」は、はしご高が正式表記。

最終更新:4/15(日) 16:21
音楽ナタリー