ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

米スタバ、店内で人を待っていた黒人男性の逮捕めぐり謝罪 SNSで動画拡散

4/15(日) 19:51配信

ねとらぼ

 「スタバで人を待っていた黒人男性が、何も注文してないという理由で従業員に通報された」として、警察に逮捕される様子を写した動画がSNSで話題になり、米スターバックスが謝罪しました。

【画像】逮捕される場面

 動画は4月13日に投稿されたもの。数人の警官が2人の男性を逮捕する様子が写っています。男性らは抵抗せずおとなしい様子で、また2人と会う約束をしていた白人男性が警官に抗議している姿もみられます。

 投稿者はTwitterでスターバックスのアカウントに向けて、「この人たちが何も注文していないからという理由で警察が呼ばれた。彼らは友達を待っていた。何もしてないのに手錠をかけられて連れて行かれた。他の白人の人たちは、自分が同じことをしても逮捕されたことがないのはなぜだろうと思っている」とのコメントを動画とともに投げかけていました。

 動画は広く拡散され、人種差別だと批判が集まりました。スターバックスはその後、通報の根拠が誤っていたと、2人の男性に謝罪するコメントを発表し、直接会って謝罪したいという意向を示しています。また今回の件を調査して再発防止に取り組むことを明らかにするとともに、「スターバックスは差別に断固反対します」とあらためて述べています。

 通報を受けたフィラデルフィア警察によると、男性らがトイレを借りようしたところ、スターバックス従業員が「商品を注文していないのでトイレを貸せない」と断り、店から立ち去るように要請。男性らが立ち去らなかったため不法侵入として通報したとのことです。警察としては、通報を受けて対応したもので、間違ったことはしていないとしています。その後2人は解放されたとのことです。

 フィラデルフィア市の市長はこの件を受けて、「人種差別の典型例のような出来事のニュースでフィラデルフィアを目にするとは悲しい」とコメントし、「スターバックスは肌の色に関係なく、誰もが同じように遇される場所であるべき」と述べています。スターバックスの謝罪は不十分だとし、同社の方針や手続きについて調査することも明らかにしています。

最終更新:4/15(日) 19:51
ねとらぼ