ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

王座剥奪の比嘉大吾が当日計量クリア「世界王者にもかかわらず申し訳ない」

4/15(日) 8:16配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(15日、横浜アリーナ)

 当日計量が15日、東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)で行われ、14日に体重超過で王座を剥奪された前WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=は54・7キロで、事前に設定されていた上限体重55・3キロから600グラムアンダーでクリアし、試合が成立することになった。

【写真】計量失敗…深々と頭を下げて謝罪する具志堅会長

 当日計量は当初非公開の予定だったが、急きょ公開された。計量を終えた比嘉は「世界チャンピオンにもかかわらず、計量をオーバーしてしまいすみませんでした。ロサレス陣営にも申し訳ないです。体重オーバーしても試合をしてくれて、ロサレス陣営にも本当に感謝しています。ボクシングファンの皆さん、試合を組んでくれたプロモーションにも謝りたいです」と、深々と頭を下げた。

 日本新記録となる16試合連続KOと3度目の防衛を狙う比嘉だったが、14日の前日計量で制限体重(50・8キロ)を900グラムオーバー。再計量も断念し、日本人の世界王者として史上初めて王座を剥奪された。

 JBCは比嘉に対し15日午前8時に当日計量を課し、制限体重から10ポンド(約4・5キロ)プラスの55・3キロを超えた場合などには試合中止とすることを決めていた。

 比嘉が勝つか引き分けなら王座は空位のまま。KO勝利を飾れば16試合連続KOの日本新記録は認定される。

 戦績は比嘉が15勝(15KO)、挑戦者で同級2位のロサレスが26勝(17KO)3敗。