ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

由伸巨人 勝負手の代走が…吉川大飛び出し併殺

4/15(日) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人2―3広島(2018年4月14日 東京D)

 1点差で敗れ、巨人は単独最下位脱出はならなかった。7回。4番・マギーに代走を送る勝負手も実らなかった。高橋監督は「正直、難しい(打球)判断だったかな」と勝敗の分岐点を振り返った。

【写真】始球式を務めた平昌五輪金メダリストの高木菜那

 ゲレーロのソロ本塁打で1点差に迫り、続くマギーが中前打。押せ押せムードの中、ここで前日まで2試合連続本塁打中の4番に、代走・吉川大を送った。1死後に初球で二盗を決めたが、続く中井の右翼への当たりは地面スレスレで右翼手・野間が好捕。飛び出していた吉川大は帰塁できずに併殺となり、反撃の芽はついえた。

 吉川大は「外野があまり前に来ていなかったのでヒットだと思った。焦りすぎました」と猛省した。今季のチームは積極的な走塁も掲げるテーマの一つ。大西外野守備走塁コーチは「ヒットという判断が早かった」と指摘する一方で「糧にしてほしい」と今後の成長を促した。 (川手 達矢)

 ▼広島・野間 打者(中井)のスイングがこっちを狙っていた感があった。いい準備ができていた。

 ▼巨人・田口(6回3失点で今季初黒星。3回に丸に先制3ランを浴び)もっと厳しくいったら、ああいう結果になってなかった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(木) 13:05