ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

阪神・秋山 7回2失点2敗も下向かず「今後に生きてくる」

4/15(日) 9:11配信

デイリースポーツ

 「阪神0-6ヤクルト」(14日、甲子園球場)

 我慢、我慢の投球も耐えきれなかった。7回4安打2失点。先発としての役割は果たしたが、チームに流れる暗雲を振り払うことはできなかった。阪神・秋山は唇をかみしめたままグラウンドから引き揚げた。

 「ランニングスコアで見ればいい内容でしたけど、打ててない中で先制点を与えてしまいました。悔しいという感じです」

 立ち上がりから低めに集めた丁寧な投球で、五回まで1安打無失点。ヤクルト打線に捉えられたのは六回だ。山田の二塁打と犠打で1死三塁。バレンティンに外角低めのフォークを左翼線への先制二塁打とされた。七回は坂口に右中間席へソロを運ばれ、痛恨の一発で追加点を奪われた。

 チームが2連敗で回ってきた今季3度目の先発。流れを止めるために雨の中で粘り強さを見せたが、打線の援護に恵まれなかった。「うまく抑えられた部分もあり、いろんな形で抑えられたので今後に生きてくると思います」と下を向くことなく次戦に目を向けた。

 香田投手コーチは「味方が点を取ってくれるまで、何とか粘り強く投げるというのが先発投手の役割。そこは大事にしてもらいたい」と右腕に高い期待を寄せる。白星はつかめなかったが、秋山はこの日の思いを必ず次のマウンドで晴らしてみせる。