ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

広島ジョンソン輝らり2勝目 8回無四球2失点で東京ドーム初勝利

4/15(日) 9:11配信

デイリースポーツ

 「巨人2-3広島」(14日、東京ドーム)

 キラリと光る快投で、巨人打線を封じた。広島・ジョンソンが8回を無四球の6安打2失点で2勝目。東京ドームでは来日4年目、4戦目にして初勝利を挙げた。バットでも三回に自らの安打から丸の3ランを呼び込み、ヒーローとなった左腕は鯉党から大歓声を浴び、日本語で「サイコーデース!」と声を張り上げた。

 「全球種を使ってストライクを取れたのが大きかった」

 打たせて取る投球で、きっちり要所を締めた。四回は無死一、三塁でマギーに中犠飛を許したが、続く岡本をカーブで三ゴロ併殺。2点リードの七回はゲレーロにソロを浴び、その後も1死二塁の場面を迎えたが、中井を右飛に仕留め、さらに飛び出していた二走・吉川大を右翼・野間が刺し、併殺に斬った。

 カットボールやチェンジアップとともに、春季キャンプから、より打者の近くで曲がるように追求していたカーブもさえた。「シーズンに向けてやっていて、いいキレになった」。人さし指の先を立てることによって自分の思い通りのスピン量に調整した“改良カーブ”を含めたあらゆる球種で安定感を示している。

 緒方監督は「ジョンソンにつきる。安定した球筋で最後までいっていた」と目を細めた。昨季は6勝に終わったが「今年からまたいいシーズンにしたい」決意を語ったジョンソン。盤石な投球を、次戦以降も魅せていく。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(火) 14:10