ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ダル イライラ1敗 微妙なボーク判定から乱れた移籍後初黒星

4/15(日) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇ナ・リーグ カブス0―4ブレーブス(2018年4月13日 シカゴ)

 カブスのダルビッシュが、移籍後ホーム初登板で今季初黒星を喫した。きっかけはボークの判定。5回1死二塁で3番フリーマンを迎え、走者をけん制するような動作を入れた投球がボークと宣告された。

 「“(投球動作が)止まったから”と言われましたが、今まで取られたことはなかったし、フリーマンも“ボークじゃないよ”と」。2死後に暴投と3ランで4回2/3を4失点で降板し「いらいらしました。その後ちょっと踏ん張れなかった」と悔しがった。

 気温約6度と過酷な条件下の投球で収穫もあった。「大谷を見て、あんなスプリットを投げられたら良いなと思っていた」と映像を研究したことが奏功。数年来の課題としている落ちる球の完全習得へ好感触を残した。 (奥田秀樹通信員)