ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

関ジャニ・渋谷 ジャニーズ退所…メンバー2カ月説得も意志変わらず

4/15(日) 12:08配信

デイリースポーツ

 関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が音楽を学ぶため海外に留学することを理由にグループを脱退し、2018年12月31日付けでジャニーズ事務所を退所することを15日、発表した。この日、メンバーと共に都内で会見。7月15日に札幌ドームから始まる5大ドームツアーには参加しないが、正式な脱退日は未定。8人組で始まった関ジャニ∞のメンバー脱退は06年の内博貴(31)以来、2人目。今年2月15日に事務所内で脱退と退所の意志を示してから、約2カ月間、メンバーの説得が続いたが、最終的には渋谷の決意が受け入れられた。

【写真】赤西「辞めます」 ツイートが大反響

 渋谷は会見で「今まではジャニーズ事務所、関ジャニ∞というグループにありがたくも守られ、支えられ、時には甘えさせてもいただきましたが、この先は今までの環境ではなく、すべて自分自身の責任で今後の人生を音楽で全うするべく、海外で音楽を学び、今後、さらに自分の音楽というものを深く追求していきたいと思いました」と脱退と退所の理由を説明した。

 渋谷が「海外を拠点に生活していきたいので、事務所を辞めたい」と意志を事務所に伝えたのは今年の2月15日。今年8月からCDデビュー15周年に入るタイミングでの事態にメンバー、スタッフは戸惑いを隠せず、説得のためメンバー全員で最低でも2回は協議した。

 4月上旬まで話し合いは続き、4月10日を最終的な話し合いの期限に設定したが、結果的に「海外で音楽を学びたい」という思いに変わりはなく、他のメンバー6人も受け入れた。

 錦戸亮は「『ほんまにこいつらしつこいな』と(渋谷が)思うぐらい、必死で、どうにかとめられへんかなと思った」と約2カ月間の説得を振り返った。丸山隆平は「面と向かって話せない」ことから文章を送って思いを伝えたと明かした。メンバーそれぞれが思い思いに説得を試みたものの、渋谷の決意は揺るがず、最終確認した際も静かにうなずいて脱退と退所の意志を示したという。村上信五は渋谷の目に「曇りがなかった」ので、決意を悟ったと語った。

 メンバーの退所でグループが会見を行うのはジャニーズ史上初めて。安田章大は自宅で転倒し背中に打撲の症状があり、医師のすすめで欠席した。