ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

サンウルブズ空中分解寸前 ジョセフHCが松島を名指し批判

4/15(日) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇スーパーラグビー第9節 サンウルブズ10―24ブルーズ(2018年4月14日 秩父宮)

 サンウルブズはブルーズ(ニュージーランド)に10―24で逆転負けを喫し、参入初年度の16年に並ぶ開幕7連敗となった。昨年7月に48―21で快勝した相手に前半は10―5で折り返したが、後半は無得点のまま3トライを許した。今季最少の24失点、4失トライに抑えて課題のディフェンスは向上を見せたものの、個人のミスから失速。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=48)はミスした選手を名指しで糾弾した。

 フラストレーションは首脳陣も選手も頂点に達している。逆転を許した直後の後半12分、早々とFB松島を代えた理由を、ジョセフHCは「タックルミスが非常に多かった。タックルできない選手は変更せざるを得ない」と断じた。確かに最初の2失トライで最後に抜かれたのは松島。だが、未然に相手の勢いを止められなかった選手の責任も明らか。松島は「(交代は)何でだろうと思った。何かが気に食わなかったのだろう」と納得いかない表情だった。

 田辺淳コーチが「疲れて個々の動きになってしまった」と指摘したように、後半はチームの決め事を守れない選手が目立ち、小さなミスから傷口を広げた。観客数は9562人と2試合連続で秩父宮の過去最少を更新。チームも空中分解の危機を迎えている。