ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

田南部氏、レスリング協会に不満 パワハラ“直接謝罪ない”

4/15(日) 6:01配信

スポニチアネックス

 レスリングのパワハラ問題で、パワハラ行為を受けた側の田南部力氏(42)が14日、全日本ジュニア選手権の行われている横浜文化体育館で日本協会の対応に不満をあらわにした。

 告発状の内容は第三者委員会に認定されなかったがパワハラ行為は認められ、「ある程度評価してくれた」と安どした。ただし「馨(伊調)とも何度か連絡しているが、まずはそこからだねという話をしている」といまだに協会幹部からの直接の謝罪がないことに疑問を呈した。

 「どう歩み寄っていいか分からない」と当惑する一方で協会副会長の馳浩氏とはこの日も親しく言葉を交わした。第三者委員会の報告書で「小さい、せせこましい」とも評された今回の問題は、田南部氏も含めていまだちぐはぐさを残している。