ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

正代、故郷・熊本に元気届ける「きっかけになれれば」

4/15(日) 6:01配信

スポニチアネックス

 大相撲春巡業が14日、神奈川県藤沢市で行われた。熊本地震の発生から丸2年を迎え、熊本県宇土市出身の幕内・正代(26=時津風部屋)は「僕は熊本を背負って相撲を取れる力士ではないが、元気づけるきっかけになれれば」と故郷への思いを吐露。過去10回ほど慰問に訪れているが「次は有名なアスリートが来ていない被災地に」と話した。

 十両・佐田の海(30=境川部屋)は中学3年時に熊本で過ごした1年間を「友達に恵まれた濃い一年」と振り返り「元気を与えたい」と夏場所(5月13日初日)での躍進を誓った。幕内トーナメントは横綱・稀勢の里(31=田子ノ浦部屋)が制した。