ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<ボクシング>村田、TKOで初防衛 ミドル級日本選手初

4/15(日) 21:52配信

毎日新聞

 プロボクシングのダブル世界戦が15日、横浜アリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者で2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(32)=帝拳=が、同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38)=イタリア=に八回TKO勝ちし、日本選手で初めて同級王座の防衛に成功した。

【写真特集】村田諒太、初防衛!

 ミドル級はこれまで日本選手が獲得した世界タイトルで最重量階級。1995年には竹原慎二が初めて王座を獲得したが、防衛には失敗した。村田の戦績は15戦14勝(11KO)1敗。

最終更新:4/15(日) 22:12
毎日新聞