ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

谷川、あん馬落下「反省点」も2位 団体代表入りへ闘志

4/15(日) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇体操・ワールドカップ(2018年4月14日 東京体育館)

 男子の谷川は、84・399点で2位だった。2種目目のあん馬で落下したものの、代名詞の着地は各種目できっちりと決めた。「落下は反省点」としながら、「着地は良かった。100点」と振り返った。

 白井と同学年の21歳。昨年は世界選手権に出場したが、団体戦は実施されなかった。今年は団体で日の丸を背負うことが目標。「絶対に代表に入りたい」と闘志を高めていた。