ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<男子ゴルフ>「人生変わる1勝」 重永、ツアー初勝利

4/15(日) 23:30配信

毎日新聞

 ◇東建ホームメイトカップ(15日)

 花粉症対策でしていたマスクを最後ぐらいと思って重永亜斗夢は外した。パターで軽く触れれば入る距離のウイニングパット。カップに沈めると「今後のゴルフ人生が変わる思う」。2008年3月にプロ転向後、11年目でのツアー初勝利の余韻に浸った。

 初日から多くのギャラリーを集める石川と永久シードの片山と回る最終日最終組。6番(パー3)はティーショットを池に落としてダブルボギー。7、9番(ともにパー4)はボギーをたたいて石川に1打差に迫られたが、焦りはなかった。

 今までなら順位を気にしていた重永は「(石川)遼が一緒なので、引っ付いていけばという感覚」と、ミスをしても腐らず終盤に立て直す。17番(パー5)のイーグルパットはカップをかすめ入らなかったものの、バーディー。18番(パー4)もパーにまとめた。

 熊本市出身の29歳は「(熊本地震が)風化していく時期に勝てた。地震から2年後だが僕にとってはいろんな意味で残る試合」と喜ぶ。手塚治虫の漫画「鉄腕アトム」に由来する心優しい亜斗夢の勝利が、被災地を勇気づけたはずだ。【藤田健志】

最終更新:4/15(日) 23:30
毎日新聞