ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<女子ゴルフ>比嘉真美子、大逆転V スコア六つ伸ばし

4/15(日) 23:36配信

毎日新聞

 ◇KKT杯バンテリンレディース(15日)

 5組を残してホールアウトし、練習グリーンでプレーオフに備えていた比嘉真美子に優勝の知らせが届いた。難コースでスコアを六つ伸ばしての逆転劇に「最終日にいいゴルフができてうれしい」と喜びをかみしめた。

 首位と4打差のスタートにも「7アンダーくらい出せばチャンスがあると思っていた」という。1番でグリーンエッジから10ヤードのスライスラインを読み切ってチップインバーディー。2番でボギーをたたくなどドライバーは安定を欠いたが、アイアンとパターがさえた。4番で2メートルに寄せると、6番は6メートルのパットを沈めてバーディー。その後も着実にスコアを伸ばし、最終18番で七つ目のバーディーを奪って単独首位でフィニッシュし、最終組の成田らの追い上げをかわした。

 昨季、4年ぶりの復活優勝を飾った24歳。今季も前週までの6戦で2位、3位が1回ずつと好調だが、その間の優勝者は鈴木愛と外国勢だけだっただけに「日本の若手がツアーを盛り上げたいし、その一員になりたい気持ちがずっとあった」と言う。開幕前に掲げた目標は、メジャー大会を含む3勝。「早い段階で優勝できて、次に進める」と充実感に浸った。【野村和史】

最終更新:4/15(日) 23:36
毎日新聞