ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<プロ野球>ソフトバンク柳田、逆転サヨナラ弾

4/15(日) 23:46配信

毎日新聞

 ○ソフトバンク7-6ロッテ●(鴨池・15日)

 九回1死二塁。右から左へ吹く強風を背中に受けながら、打席に向かうソフトバンク・柳田は二つのことを考えていた。一つは「僕で勝負してくる」。そして「(風があるから)バックスクリーンを狙って」。1分後、球界きっての長距離砲が自らの言葉を現実にしてみせた。

 守護神・サファテが勝ち越し点を献上した直後だった。先頭の本多が左前打で出塁し、続く上林が犠打。一塁が空いている状況で、工藤監督は敬遠を見越して、代打・福田を準備させていた。ところが、サヨナラの走者を嫌ったロッテは柳田との勝負を選択。抑え・内の内角高めの直球を捉え、ライナーで飛んでいく打球を見た瞬間、柳田は人さし指を高く突き上げた。

 工藤監督に残された勝負手はほとんどなかった。2点差の八回、中軸の内川、デスパイネに代走を送ったが、同点止まり。サファテ投入も裏目に出た。敗色濃厚な流れを吹き飛ばす一撃に、指揮官も「劇的。よく打ってくれた」と喜色満面。

 鹿児島での試合は前身のダイエー時代の1995年から8連勝となり、殊勲の柳田は「サファテに黒星は似合わない」。結束したチームはますます勢いに乗りそうだ。【生野貴紀】

最終更新:4/15(日) 23:46
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(火) 19:50