ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

楽天、打者一巡の猛攻で初回に8点 岡島1号3ラン「風が味方してくれた」

4/15(日) 14:09配信

デイリースポーツ

 「楽天-西武」(15日、楽天生命パーク宮城)

 楽天は一回、打者一巡の猛攻で一挙8点を先制した。

 1死から茂木、ペゲーロの連打とウィーラーの死球で満塁。暴投で1点を先制すると、なおも1死二、三塁から銀次が2点適時打を放ち加点。さらにアマダーの適時打で1点を加え、岡島の今季1号3ラン、茂木の適時打で計8点を奪った。

 銀次は「満塁でしたし、集中して自分のスイングができました。流れに乗れて良かったです」とコメント。岡島も「打ったのはツーシーム。行った感じはしましたけど、あそこまで行くと思いませんでした。風が味方してくれましたね。根性です」と笑顔で話した。

スポーツナビ 野球情報