ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

広島、松山の適時二塁打で3試合連続の先制点「コースに逆らわず打てた」

4/15(日) 14:48配信

デイリースポーツ

 「巨人-広島」(15日、東京ドーム)

 広島が松山竜平外野手の適時二塁打で3試合連続先制点を奪った。

 初回、先頭の田中が左越え二塁打を放つと、菊池の犠打、丸の四球で1死一、三塁。4番の松山がカウント2-2から野上の外角高め直球を捉えると、打球は左中間を破り三走・田中が生還した。

 「追い込まれていたので強引にならず、コースに逆らうことなくうまく打つことができました」

 幸先良く先制したが、直後にマギーに右犠飛を許し、試合は振り出しに戻った。