ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

阪神、32イニングぶりのタイムリーヒット 福留が初回に先制打

4/15(日) 14:48配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(15日、甲子園球場)

 3連敗、借金1と苦しむ阪神が連敗阻止に向けて初回、福留の左前適時打で先制点を奪った。阪神にとっては実に32イニングぶりのタイムリーとなった。

 この回、1死から鳥谷が右中間フェンス直撃の二塁打。2試合ぶりの出場で、4日のDeNA戦(横浜)以来、出場9試合、18打席ぶりの安打となった。続く糸井がフルカウントから四球を選んで出塁。ロサリオは浅い右飛に倒れたが、主将が決めた。

 フルカウントから8球目、外寄り133キロスライダーを狙った。コースに逆らわずにはじき返すと、二塁から鳥谷が一気に生還。先制のホームを踏んだ。相手先発・由規が制球に苦しみ、直球、フォークでカウントが取れない状況。球種の選択肢がなくなる中、ゾーンを狙ったスライダーを見逃さなかった。

 連敗に沈むチームを鼓舞し、今季初登板の岩貞を初回から援護した。

スポーツナビ 野球情報