ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

登坂アナ、NHK時代の神田アナとの関係性 松ちゃん容赦なし「セクハラあった?」

4/15(日) 11:42配信

スポニチアネックス

 元NHKでフリーの登坂淳一アナウンサー(46)が、15日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。NHK時代の後輩で、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(45)と結婚したフリーアナウンサーの神田愛花(37)とのエピソードを明かした。

【写真】フリーアナウンサーの神田愛花

 「7期ぐらい下。東京の時、彼女もニュースもやっていたので、その時に教えていたりもしたんですが」と神田アナとの関係性を説明。その際、「ダウンタウン」の松本人志(54)から「この時、ちょっとセクハラとかあったり…」と、自身のセクハラ騒動にひっかけていじられたが「ないです。ありません」と即答。食い気味な反応に、松本が「つっこみがだんだん速くなってきている。もうマスターしている」と称賛する場面もあった。

 神田アナについては「変わっていると思うんですけど、仕事へのアプローチとか真面目なんです」と紹介。「資料も細かいのを一生懸命つくって『私、理系なんで使いこなせます』って」と“リケ女”の一面も明かした。

 ただ、プライベートなどについては「エピソードをいろいろ思い出そうとしても、思い出せない。好きな食べ物ぐらいしか」とも。「『イチゴ』でした。あまり知らないということですね」。最後は、素顔に関する材料を持ち合わせていないことを自虐的に話した。