ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

村上「背中を押す以外なかった」、丸山「前向きにプラスの方に」…会見での関ジャニ5人のコメント

4/15(日) 13:03配信

スポーツ報知

 人気グループ「関ジャニ∞」は15日、都内で会見し、リードボーカルの渋谷すばる(36)が18年末をもってジャニーズ事務所を退社することを発表した。会見には自宅で転倒し、自宅療養中の安田章大(33)を除くメンバー全員が出席した。渋谷以外のメンバーのコメントは以下の通り。

 ◆横山裕

 ファンの方に心配を掛け、僕たちに関わってくれているスタッフの皆様、各関係者の方にご迷惑をかけることを申し訳なく思っています。どうもすいません…。正直、今日という日が来ないでほしい、という思いでいっぱいでした。僕らなりに、全力ですばるにいてほしいという思いも伝えました。でも、すばるの思いは強く、それを聞いた時に、僕たちは下を向いていちゃいけないと思いました。これから、すばるも厳しい道がまっていると思います。僕たちもすばるに負けないよう、全力で前を向いて、突っ走っていくので、皆様お力を頂ければ幸いです。

 ◆丸山隆平

 まさかデビューする当時は、このようなことがあるとは思っていなかった。ファンの方々にも、仲の良いグループとして、そういう空気を楽しんで頂ける時間がたくさんあった。ファンの方々は、どんな風に事実を受け止めるのか。仲が悪くなってとか、仲が良いどうこうとか、そういうことを考えたり、詮索する方がたくさんいると思う。俺たちの手の届かない所でいろいろな風に想像したり、どうやって受け止め、考えたりするのか。それはあって当然だと思う。関ジャニ∞のみんなで向き合って、すばる君とも向き合って出た結果。(今後も)メンバーということに代わりはない。すばる君がいる関ジャニ∞、そうでない関ジャニ∞として進んではいくけど、ファンの方々とは、(このメンバー)みんなといた時間を共有しながら進んでいけたらと思う。前向きに、プラスの方に考えて進んでいきたい。変わらず、関ジャニ∞、渋谷すばるを応援して頂きたいと思います。

 ◆大倉忠義

 こういう結果になってしまったのは非常に残念なことなんですが…。メンバーって不思議な存在で、他人なんですけど、家族のようであり。そういう大事な存在の一人が下した決断を、もちろん応援したい。一緒に7人で夢を追いかけていきたかったけど、すばる君がそういう夢を持ったのであれば、応援するべきなのかなと思いました。この数日、いろいろな臆測を呼ぶような形になってしまった。悲しい、寂しい気持ちはあると思いますが、僕らと同じような気持ちで(彼の)背中を押してほしい。

 ◆錦戸亮

 初めて聞いた時は、正直ビックリもしました。僕たちがジャニーズ事務所という大きな事務所の中にいて、守られたりがあるのを分かった状況で、ここを飛び出してやっていきたい―と決めるのは、大きな決断だったと思う。そこまでの覚悟だったり、本当にやりたいことを見つけたすばる君の決断を尊重したい。もちろん頑張ってほしいですし、「これで良かったやろ」と証明してくれるような未来を作っていってほしい。6人でこれからやっていく。すばる君に「どうや!」っていう僕らでいたいなと思う。すばる君の歌声が一生聴けなくなるわけではない。すばる君、6人の関ジャニ∞を応援して頂けるとうれしいです

 ◆村上信五

 ベストアルバムもそう、ツアーのこともそう。準備していく最中での出来事ということで、いろいろと驚かせてしまって申し訳ありません。それ以外ない。(渋谷から)話を聞いた時、そこまでの(強い)思いとは知らなかった。彼が下した決断は、一人の男としての決断という思い。付き合いも長いので、尊重する以外(の選択肢)はなかった。話し合いの中でもめることもなかったし、「何やねん」と憤ることもなかった。話して、話して「そっか」と。「すばるのやりたい音楽を聴くまで、僕らは関ジャニ∞というグループで頑張るからお互いに頑張ろうね」と。そういうことを、きちんと話した上で今回の形になりました。これからどうなっていくか、正直分からない。どうしていったらいいか。やるべきことをやっていき、皆様が安心して僕らを見て頂ける状況を作っていく。ファンの方が一番分かっていると思うけど、(ファンの呼称の)「eighter」は、すばるから最初に出てきた言葉。この言葉を残して旅立っていく。我々は受け継いで向き合っていくべきこと。家族であり、友人であり、ライバルでもありという、いろいろな時期を経てきている。僕らにしか分からない所での思いもたくさんあります。背中を押す以外、僕らもなかった。

※安田章大は自宅で転倒し、背中を打撲したため欠席。手紙が読まれた。

最終更新:4/15(日) 17:49
スポーツ報知