ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

関ジャニ渋谷脱退&退所会見であえての笑い 目が赤い?に「直前に目薬を…」

4/15(日) 15:22配信

デイリースポーツ

 7人組グループ・関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が音楽を追求するため海外に留学することを理由にグループを脱退し、2018年12月31日付けでジャニーズ事務所を退所することを15日、発表した。この日、メンバーと共に都内で会見を開いたが、再三、説得にあたった横山裕は涙ぐみながら心境を語る場面もあった。ただ、感傷的になるテーマの中で、バラエティー番組での活躍も目立つ同グループらしい笑いの要素も織り込まれた。

【写真】元ジャニーズの歌手が意味深ツイート「メリーさーん!!!!」

 渋谷が音楽活動を追求するため脱退することを報告した後、横山は「今日という日が来ないでほしいという思いでいっぱいでした」と絞り出した。何度も「はー…」とため息をつきながら、声を震わせていたが、後に涙の意味を問われると「泣いてないです」ときっぱりと言い切り、笑いを誘った。

 渋谷は目と鼻が赤かったことを尋ねられたが「直前に目薬をさしまして。花粉症なので、申し訳ございません」とひょうひょうと受け答え。村上信五が「ブルーの目薬でした」と続けて、会見場の空気を和ませていた。

 丸山隆平は努めて明るく「何かと会見した方が分かりやすいじゃないですか。ちゃんとお届けするのがグループとしての誠意かなと思います」と会見開催の理由を語り、クールなキャラクターの錦戸亮も「せっかくの日曜日にありがとうございます」と会見冒頭にほほえんだ。メーンボーカルを務め、音楽活動上、大きな位置を占めていた渋谷の脱退は関ジャニ∞にとって重大事であることは事実。そうであるが故に、こうしたメンバーの気遣いが際だって見えた。