ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

阪神、今季最多の13安打8点 連敗を3で止める

4/15(日) 18:23配信

デイリースポーツ

 「阪神8-3ヤクルト」(15日、甲子園球場)

 阪神が今季最多タイの13安打、今季最多の8得点と打線が爆発し、連敗を3で止めた。

【写真】ウイニングボールを手に笑顔の岩貞

 初回、福留の左前適時打で先制。チームにとって実に32イニングぶりのタイムリーでリズムをつかむと、四回には糸井が中越えへ3号2ランで加点。七回には2死から、鳥谷、糸井、ロサリオの3連続タイムリーが飛び出し、4点を挙げ、試合を決めた。

 投げては、今季初先発となった岩貞が6回を、4安打1失点で初勝利を挙げた。

 金本監督にとって通算300試合目となる節目の試合を勝利で飾り、勝率五割に復帰した。

 ヤクルトは先発の由規が4回7安打3失点と試合をつくれず、3連勝を逃した。

スポーツナビ 野球情報