ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

巨人リーグ最速10敗 上原2戦連続KOも由伸監督「信頼は変わらない?特にね」

4/15(日) 17:58配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人4―5広島(2018年4月15日 東京D)

 巨人・上原が登板2試合連続でKOされた。15日の広島戦(東京ドーム)。2―2の同点の7回にマウンドへ。大歓声と拍手に包まれたが、2死から菊池に被弾。さらに四球と連打で失点を重ね、2/3回を3安打3失点を喫した。

【写真】7回2死、巨人・上原から勝ち越しとなるソロ本塁打を放つ広島・菊池

 登板2試合連続で敗戦投手となった。前回10日のDeNA戦では1/3回を5安打3失点だった。高橋監督は「間隔的にはそんなに問題があったとは思わない。信頼は変わらない?特にね」と話した。

 チームは5勝10敗。巨人がリーグ最速で10敗を喫するのは4度目。15試合を消化してリーグ最速で10敗を喫するのは47年以来、71年ぶりだ。10敗すべてで先制点を許している。