ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

中日 育成出身の木下プロ初登板、1回3人斬り「腕振ることだけ考えた」

4/15(日) 18:03配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 中日1―6DeNA(2018年4月15日 横浜)

 3月に育成から支配下登録選手となった中日の木下雄介投手(24)が15日のDeNA戦でプロ初登板。

 1―6の8回からマウンドに上がり、関根、佐野、倉本を三者凡退に封じ、無失点デビューを飾った。最速は150キロをマークし「腕を振ることだけ考えていました。まずは1軍で投げることを目指してやってきたので、クリアできて良かった」と安堵の表情。

 この日、出場選手登録されたばかりで、即登板となった背番号98は「ここから勝ち試合に投げさせてもらえるように頑張りたい」と勝利の方程式入りを目指し、まずは首脳陣の信頼を勝ち取ることを誓った。