ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

巨人先発の野上は6回2失点 毎回走者許し「野手のリズムを悪くしてしまった」

4/15(日) 19:38配信

デイリースポーツ

 「巨人4-5広島」(15日、東京ドーム)

 西武からFA移籍した巨人・野上亮磨投手が先発し、6回を9安打2失点でマウンドを降りた。

【写真】巨人・上原、2試合続けて救援失敗でこの表情

 初回、1死一、三塁の場面で4番松山に左中間を抜ける適時二塁打を浴び、あっさりと先制された。さらに、五回2死、2ボール1ストライクから菊池に追加点となる右翼席へのソロ本塁打を浴びた。

 二回以降も毎回走者を出しながらの苦しい投球が続いた野上。「毎回ランナーを出してしまい、野手のリズムを悪くしてしまった」と悔しさの残る投球内容に反省した。

スポーツナビ 野球情報