ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【ソフトバンク】中田、9安打4四球5失点で降板「リズムを作れなかった」

4/15(日) 17:01配信

スポーツ報知

◆ソフトバンク―ロッテ(15日・鹿児島)

 ソフトバンク・中田賢一投手(35)が“悪癖”に苦しんだ。制球に課題があるベテラン右腕は初回、先頭の荻野にいきなり四球を与えるなど2四球で2死一、三塁とし、鈴木に右中間2点三塁打。2―2の4回にも1死から福浦への四球をきっかけに2点の勝ち越しを許した。

 6回2/3を9安打4四球5失点で降板。「毎回、ランナーを出してリズムに乗れなかったし、リズムを作れなかった。四球が失点に絡んでいるのでそこも反省点です」と肩を落としていた。

最終更新:4/15(日) 17:07
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報