ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【ファーム情報】広島10点快勝、誠也復帰即2ラン、フランスア1勝

4/15(日) 18:18配信

スポニチアネックス

 プロ野球のファームは15日、イースタン・リーグのロッテ―ヤクルト戦(ロッテ浦和)、西武―巨人戦(飯能)、ウエスタン・リーグのオリックス―ソフトバンク戦(舞洲BS)、ファーム交流戦の日本ハム―阪神戦(鎌ケ谷)が雨天中止。残り2試合が行われた。

 広島は中日戦(廿日市)に10―4で勝利。下半身の張りのために2軍調整中の鈴木が「5番・DH」で実戦復帰し、2回無死一塁の第1打席で右翼に決勝の1号2ランを放った。

 広島は庄司が2号2ラン、バティスタが5、6号ソロと2打席連発、高橋大も4号ソロと計5発が飛び出した。勝ち投手は先発・フランスアで5回9安打3失点で1勝目。中日も谷が1号ソロ、モヤが3号ソロと2本塁打で両軍合わせて7本塁打。先発・若松は3回2/3を8安打8失点で1敗目(1勝)を喫した。

 楽天―DeNA戦(森林どり泉)は延長11回、2―2で引き分け。DeNAの4番・細川が4回に4号ソロを放った。先発・熊原は4回2/3を3安打8四球で2失点(自責0)。楽天先発・塩見は7回4安打2失点(自責1)だった。