ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【皐月賞】1番人気ワグネリアンは加速せず7着 福永騎手「いつもの脚が使えなかった」

4/15(日) 17:22配信

スポーツ報知

◆第78回皐月賞・G1(4月15日・芝2000メートル、中山競馬場、稍重)

 牡馬クラシック第1弾は16頭で争われ、7番人気のオルフェーヴル産駒エポカドーロ(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎、戸崎圭太騎手)が直線で鮮やかに抜け出し、G1を初制覇した。

【写真】皐月賞を制したエポカドーロ(左)

 2着は勝ち馬の後ろでレースを進めた9番人気のサンリヴァル(藤岡佑介騎手)、3着には8番人気のジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手)が続き、3連単は37万2080円と波乱の結末だった。

 1番人気ワグネリアン(福永祐一騎手)は7着、2番人気ステルヴィオ(クリストフ・ルメール騎手)は4着、3番人気キタノコマンドール(ミルコ・デムーロ騎手)は直線だけの競馬で5着だった。

 福永騎手(ワグネリアン=7着)「前走より落ち着いていて、いい雰囲気。ポジションも打ち合わせ通りだった。ただ3角で仕掛けても加速がなく、いつもの脚が使えなかった」

最終更新:4/15(日) 19:07
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ