ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

TKO負けの比嘉は会見できず 具志堅会長「2、3ラウンドで止めるつもりだった」

4/15(日) 21:36配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(15日、横浜アリーナ)

 ダブル世界戦のセミファイナルでWBC世界フライ級タイトルマッチが開催され、計量に失格して王座を剥奪された前王者・比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=は9回1分14秒TKOで、同級2位のクリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=に敗れた。元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史氏らを超える16連続KO勝利の日本新記録は達成できなかった。ロサレスは世界初挑戦で王座を獲得した。

【写真】対戦相手のロサレスに頭をなでられる比嘉…涙目に

 試合後、比嘉は心身ともにダメージが深く、病院に直行。インタビューに応じることができなかった。代わって具志堅用高会長が対応した。

 具志堅会長は「いや、すいません」と憔悴した表情で切り出すと、自身の判断で棄権を申し出たことを明かした。「8回終了時かな。2回目の採点を聞いて。タオルを投げられないのでコミッションに(棄権を)伝えた」と話した。8回終了時は76-76、77-75、79-73とロサレスが2-0でリードしており、逆転は難しいと判断した。

 日本選手初の世界戦での計量失敗で王座を剥奪された比嘉。減量失敗でコンディション不良の比嘉をリングに上げた理由については「本人が上がりたいと言った」と選手の思いを尊重したとしながらも「とにかく私の責任。大吾に悪いことをした」と自らを責めた。試合については「2、3回で止めるつもりだった。本人にも伝えていた。ダメなら止めると」とも明かした。

 最後に、比嘉に何と声をかけたのか問われると「『心配するな。よくやった』と言いました」と、まな弟子を思いやった。