ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

欅坂 平手友梨奈 映画デビュー作で初主演 型破り天才JK小説家役「生きざま描きたい」

4/16(月) 5:00配信

スポニチアネックス

 欅坂46のセンター・平手友梨奈(16)が、映画デビュー作で初主演する。

 人気漫画を実写化する「響―HIBIKI―」で、原作は「マンガ大賞2017」で大賞を受賞した話題作。15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)を軸に、心の葛藤や周囲の人々の価値観の変化などを描く人間ドラマだ。

 響は圧倒的な文才を持つ一方、自分の信念に正直で型破りな一面を持つキャラクター。原作者の柳本光晴氏は欅坂46の「サイレントマジョリティー」のPVを見た時に、響役には平手しかいないと思ったといい「媚(こ)びない、屈しない、信念の人間、そういったイメージにあまりにもぴったり。何より目が」と太鼓判。平手は依頼を受け悩んだが、「原作を読んで鮎喰響という女の子にひかれてしまったのと、彼女の生きざまを届けたいなと思った」と意欲を見せた。

 響の才能を見いだす若手女性編集者・花井ふみ役は北川景子(31)。今月下旬のクランクインに向け、平手について「アイドルとしての絶対的な存在感が響と共通すると思う。一緒にお芝居するのがとっても楽しみ」と話している。昨年「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」を大ヒットさせた月川翔監督(35)がメガホン。他にアヤカ・ウィルソン(20)高嶋政伸(51)柳楽優弥(28)らが出演。9月14日公開。