ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

比嘉大吾、王座剥奪もシルバーのグローブでリングイン

4/15(日) 20:13配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦 ▽WBC世界フライ級タイトルマッチ 前王者・比嘉大吾―同級2位・クリストファー・ロサレス(4月15日、神奈川・横浜アリーナ)

【写真】前日計量で900グラムオーバーの比嘉大吾(右は具志堅用高会長)

 14日に行われた前日計量で50・8キロのリミットを900グラム超過し、王座剥奪となったWBC世界フライ級前王者の比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=と、同級2位クリストファーロサレス(23)=ニカラグア=の一戦が15日、スタートした。

 計量超過で試合成立が危ぶまれていたが、この日比嘉は再計量で55・3キロに設定されたリミットを54・7キロでパス。試合は予定通り行われた。

 ロサレスが勝てば王座獲得。引き分けか負けならば王座は空位になる。比嘉がKO勝ちすれば、日本新記録の16試合連続KO勝利は認められる。

最終更新:4/16(月) 8:27
スポーツ報知