ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

S.フレッシュがプレーオフを制しツアー初優勝 B.ランガーは1ホール目で脱落

4/15(日) 14:56配信

my caddie

 米チャンピオンズツアーの三菱エレクトリック・クラシック(現地時間14日/ジョージア州、TPCシュガーローフ)第3ラウンドと最終ラウンドが終了。スティーブ・フレッシュ(米)がツアー初優勝を飾った。

小平智が出場 RBCヘリテイジ 第3R順位

 最終ラウンドが行われる予定だった日曜日(現地時間15日)の天候が荒れるという予報を受け、競技員の判断により、選手は土曜日に36ホールを回った。

 通算11アンダーでフレッシュ、ベルンハルト・ランガー(独)、スコット・パレル(米)が並び、プレーオフ1ホール目でランガーが脱落。2ホール目でパレルがダブルボギーを叩き、パーとしたフレッシュに軍配が上がった。

 通算9アンダー単独4位にジェイ・ハース(米)、通算8アンダー単独5位にウェス・ショートJr.(米)、通算7アンダー単独6位タイにメジャー通算3勝のビジェイ・シン(フィジー)が続く。

 連覇を目指したスティーブン・エイメス(カナダ)は通算1アンダー26位タイ、2014年覇者のミゲール・A・ヒメネス(スペイン)は通算1オーバー34位タイで終えている。

最終更新:4/15(日) 14:57
my caddie