ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

予定の夜間巡回に出ず発砲か 彦根警察官殺害

4/15(日) 1:54配信

産経新聞

 滋賀県彦根市の交番で井本光(あきら)巡査部長(41)が拳銃で射殺され、殺人容疑で部下の男性巡査(19)が逮捕された事件で、2人が管内の夜間巡回に出ずに交番内にとどまり、巡査が井本巡査部長を銃撃した可能性があることが14日、捜査関係者への取材で分かった。滋賀県警は、直前に何らかのトラブルがなかったか慎重に捜査している。

 捜査関係者によると、事件発生日の11日、井本巡査部長と巡査は午前8時半から勤務を開始。井本巡査部長が作成した勤務計画によると、午後7~9時の時間帯は2人で巡回に出る予定となっていたが、交番に設置された防犯カメラには、犯行時刻の午後7時47分に井本巡査部長が背後から撃たれ、机に倒れ込む姿が写っていた。井本巡査部長と巡査は別の巡査と3人一組で交番勤務をしていたが、事件当日は別の巡査が病欠したため、2人での勤務となっていた。

 これまでの調べに対し巡査は、教育係だった井本巡査部長に「叱られたので撃った」という趣旨の供述をしているといい、夜間巡回の時間に交番にいた経緯について調べている。

最終更新:4/15(日) 1:54
産経新聞