ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

張本氏、ハリル氏解任にあっぱれ!「ようやく日本人の監督を受け入れてくれた」

4/15(日) 10:05配信

サンケイスポーツ

 野球評論家の張本勲氏(77)が15日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。日本サッカー協会が、成績不振などを理由にバヒド・ハリルホジッチ日本代表監督(65)を解任し、後任に1996年アトランタ五輪で23歳以下の日本を率いた西野朗技術委員長(63)が就任したことに言及した。

 「協会に喝だ! こんな人(ハリル氏)を選んで大金を無駄にしてあっぱれだ! ようやく日本人の監督を受け入れてくれた。熱を入れて応援しますよ」

 日本はワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕が6月14日に迫る異例の時期に監督を代え、6度目の本大会に臨む。西野新監督の契約期間はW杯ロシア大会までで、98年フランス大会、2010年南アフリカ大会を率いた岡田武史氏に次ぎ、本大会を指揮する2人目の日本人となる。

 日本は3月のベルギー遠征でマリと引き分け、ウクライナには敗れた。W杯に出場しないチームを相手に内容の乏しい戦いで、本大会への不安が増していた。

 ハリルホジッチ監督は、スペインのクラブ時代の八百長関与疑惑で解任されたハビエル・アギーレ前監督の後任として15年3月に就任。アジア最終予選は苦しみながらも6勝2分け2敗で本大会出場を決めたが、故障者の続出もあってチームづくりが進まず、求心力が低下していた。

 元日本代表の西野氏はアトランタ五輪でブラジルを撃破する「マイアミの奇跡」を演出し、監督としてJ1史上最多の270勝を挙げた。G大阪では05年にJ1優勝、08年にはアジア・チャンピオンズリーグ制覇。16年に技術委員長に就いた。

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1